エンジニアが転職できるのは何歳まで?転職年齢に限界はある?

30〜40代エンジニア

「エンジニアとして10年以上仕事をしてきたけど、今の会社の待遇に不満がある。転職を考えているけど、自分の年齢で転職するのは果たして可能なのか・・・?」

この記事では、こういった疑問に答えます。

エンジニアとして何年もキャリアを積んできた、30代・40代になって、本当に今の会社に定年までいていいいのか?と不安になることは少なからず、考えた事があるはずです。

ただ、エンジニア界隈でささやかれている「35歳定年説」や、実際に働いている年齢的なプレッシャーからイマイチ転職に踏み切れない方も多いです。

しかし、このエンジニアの転職に本当に限界などあるのでしょうか。

そこで今回は、エンジニアが転職できるのは何歳までか、また30代〜40代のエンジニアが転職を成功させるにはどんなことをしたらいいのかについて解説していきます。

なぜエンジニア35歳限界説が唱えられているのか?

エンジニア界隈で、ささやかれている説として、「エンジニア35歳限界説」があるのはご存知ですよね。

では、どうしてこのような説が唱えられているのでしょうか。ここでは、その理由について詳しく解説します。

新しい技術の習得に追いつけなくなるため

まず1つ目に、新しい技術の習得に追いつく事ができなくなってくるという理由です。

プログラミングの技術は日進月歩で進化していくため、エンジニアは新しい技術を学び続けないと、現場では生きていけません。

しかし、30代後半になると、そういった技術の習得も若い頃に比べて記憶力も落ちてしまいます。

スポンジのように新しい技術を吸収してくれる若手のエンジニアと比べて、現場での戦力として考えた時に、なかなか厳しく、このくらいの年代から管理職に回ることが多くなります。

過酷な長時間労働であるため

2つ目の理由としては、過酷な長時間労働であることが挙げられます。

エンジニアという職業は、給与こそ高いですが、長時間労働が慢性化していたり、残業が多かったりと、体力的にも精神的にも辛いです。

そんな中で30代半ばにもさしかかると、エンジニアとしての過酷さに疲弊してきてしまうため、仕事をしていくのが難しいと言われています。

将来性が薄いため

3つ目の理由としては、やはり将来性が薄いためです。

これは、エンジニアに限ったことではないですが、やはり35歳という年齢はキャリア的にも、もう若手とは言えず、中堅として部下を束ねていくポジションです。

エンジニアの場合、最盛期と言われる時期が他の職業に比べて早いので、将来性を考えた時に、企業としては20代の若手を採用したいと考えます。

35歳以上も全く将来性が無いという訳ではありませんが、20代と比べるとやはり将来性が薄いということは理解しておきましょう。

エンジニア35歳限界説が適用されるのは未経験者のみ?

「エンジニア35歳説は本当なのか?」という問題についてですが、結論から言うと、エンジニアの35歳定年説は部分的には正しいと言えるでしょう。

先ほど、説明したように35歳が限界とされる理由は確かにあります。

しかし、一方で、30代〜40代エンジニアの市場価値は、決して低く無いということもまた事実です。

ITエンジニアは、基本的に技術職なので、専門的な技術の良し悪しがそのまま市場価値になり得ます。

学歴や経歴よりも、どんな現場で開発をしてきて、どのくらいの実績があるのかの方が大きな価値になり得ます。

むしろ世間的にも、転職市場が非常に盛んになってきている現在、開発現場で様々なプロジェクトに携わってきた人材こそ重宝される傾向になってきているのも事実です。

エンジニアが35歳限界説が当てはまるのは、どちらかというと未経験からエンジニアになる人の方です。

求人の募集を見ても、「未経験歓迎!研修も充実!」と書いてある募集は確かにありますが、多くが30歳以下であることが分かります。

未経験の方は、35歳で1からスタートするのは、非常に厳しいということを理解しておきましょう。

30代・40代のエンジニアが初めての転職で失敗する原因

この記事を読んでいるあなたは、転職活動をした経験があるでしょうか。

新卒で大手に入ってから、10年以上同じ会社で働き続けて、他の企業で仕事をした経験が無く、もちろん転職活動の経験も無い方が大半ですよね。

ここでは、転職を初めてする30代・40代のエンジニアが初めての転職で失敗してしまいがちな原因についてご紹介します。

新しい技術を学ぶことに対して受け身である

まず1つ目に、新しい技術を学ぶことに対して非常に受け身であるというケースです。

30代〜40代(特に30代)の方に多いのが、これまで客先常駐の仕事をしてきたけど、受託開発ではなく、Web開発がしたい!と思い、Web系の事業会社に入るために転職活動をする方です。

こういった方に限って、いざ転職面接になった時に、「御社に入って、Web開発がしたいです!」と言っているのに、「開発経験や勉強の経験はあるか?」と問われた時に、何も勉強していない方が非常に多いです。

プログラミングは、企業での経験が無くても、それを「やってみたい!」「仕事にしたい!」と思ったらすぐに勉強し始めることができます。

それにも関わらず、何もアクションを起こしていないということは、採用担当者からすると、技術習得に対して意欲が無い人であるということが分かってしまいます。

これが20代の若手であれば、これからの将来性にかけて自社の研修で育てていくことが可能なのですが、30歳以上となるとそうもいきません。

30代以上の方で、自分が経験の無い業務に興味がある方は、あらかじめその仕事について勉強しておくようにしましょう。

キャリアプランが不明確である

2つ目に挙げられるのは、キャリアプランの不明確さです。

30代・40代であるということは、キャリアプランに何か考えがあって転職を考えるのが一般的です。

例えば、以下のように「転職の理由」や「これから、どういったエンジニアになっていきたいか」がはっきりしていると、キャリアプランが明確な印象を受けます。

転職者A

家庭もあり、現状会社の給与だと満足していない。これからはもっとマネジメントスキルを磨いて、管理職としてチームを率いることができるリードエンジニアとして自分の市場価値を挙げていく必要があると感じている。

転職者B

友人がゲーム会社で働いていて、自社のサービスに魂を注いで開発しているのを見て羨ましく思った。自分ももっと自社のサービスを運営しているところで、熱量を持って働けるエンジニアになりたい。

30代・40代になると、これまで以上に「自分のキャリアプランについてどう考えているか?」を問われることが多くなります。

こういった自分の軸があり、将来へのビジョンも描けている方は企業としても非常に魅力的ですし、採用後のミスマッチが少ないです。

キャリアプランが見えていないと、質問をされても、「前の会社がブラックすぎたので・・・」、「そろそろ給料を挙げたいなと思って・・・」などと不明確な回答しかすることが出来ません。

年齢の割に考えが浅いと採用担当者に思われてしまうと、その時点で採用されることが難しくなります。

「考えが浅い」と言われないためにも、キャリアについてしっかり考えておくことが重要です。

自分の市場価値を全く理解していない

3つ目の原因は、自分の市場価値を全く理解していないということです。

市場価値を理解していないというのは、30代〜40代になるまで、全くキャリアのことについて考えて来なかったという方ほど、陥りやすい問題です。

社外で仕事をしたことが無いので、自分がどのくらいの市場価値なのか全く分からないという人は、大手の企業であればあるほど多いでしょう。

何年も働いていて、社内での役職もついていたりすると、なおさら「自分は結構なんでも出来る!」と思ってしまいがちです。

しかし、転職活動中の30代・40代の方に1番覚えておいて欲しいのは、社外評価と社内評価は同一では無いということです。

勉強会やLT会にも参加したことがなく、業界内の知り合いは自社の人間しかいないエンジニアは自分の市場価値に全く気づかず、社内でしか通用しないスキルを武器に転職活動をしたら、全く評価されなかったということもあります。

社内評価でしか自分を判断出来ない人材にならないためにも、しっかりと社外でも交流を深めておくようにしましょう。

30代・40代のエンジニアに企業が求めるものは?

転職活動で失敗しないためにも、30代〜40代のエンジニアが企業に求めるものを理解しておくことは非常に重要です。

相手が何を求めているかを知ることで、どんな風に質問に答えればいいのか分かりやすく、どのような準備をしておけばいいのかイメージしやすくなります。

企業は具体的にどんなことを欲しているのでしょうか。

学習欲・知的好奇心があること

エンジニアとして、10年以上もキャリアを積んでいくと、業務にも慣れて、新しい知識を学習しようという好奇心が薄れてしまっている時期であるとも言えます。

しかし、エンジニアとして新しい知識を学習しなくなるというのは、ある意味で致命的です。

転職をするというのは、新しい文化を持っているところに飛び込んでいくということです。

それにも関わらず、

「自分は前職の知識しかなくて・・・」

「今はまだ勉強して無いんですが、御社に入ったら勉強しようと・・・」

という受け身な考えの人が来るのは企業側としても迷惑です。

記憶力の定着度や、フレッシュさで言えば、30代〜40代に比べて、20代の方が優れています。

キャリアを歩んでいく上で、学習欲や好奇心があるということは非常に重要なことなので、転職活動の準備としてしっかり学習をしておく必要があります。

キャリアプランをしっかりと持っていること

キャリアプランが無いと、採用する側としても、どんな目的で会社に入ってきて、どんなことをしようと考えているのか分からないので、採用する意欲が湧きません。

例えば、もっと経営的な立場からCTOとして開発を進めて行けるようになりたいのか、自分でサービスを立ち上げたいのか、この会社のPMなどになりたいのか、目標は人それぞれです。

さらに細かく自分が1年後、5年後、10年後どうなっていきたいのか理解出来ていると、とても好印象を与えられるので、面接受ける前に考えておくようにしましょう。

定量的に証明出来る実績

30代〜40代になると、より客観的に自分の価値を数字として示せるものが必要になります。

20代の若手の頃は、仕事をした実績がなくても、将来的な期待値の方が高いので、採用してくれるかもしれませんが、30代〜40代になるとそうもいきません。

中途採用というのは、これまでどんな仕事をしてきたのかという実績の方が重視されます。

面接時に相手に分かりやすいように、客観的な数値を定量的に証明できるものがあると、採用担当者としても分かりやすいため、喜ばれます。

例えば、何人くらいの規模のチームでどのくらいの規模のプロダクトを作ってきたのか、そしてどのくらいアクティブユーザーがいて、どのくらい売り上げが上がったのかというと数字を使って客観的な説明をすることが求められます。

30代・40代のエンジニアが転職を成功させるポイント

転職での失敗原因や企業のニーズを理解することが出来たところで、次に、30代〜40代のエンジニアが転職を成功させるためにはどんなことをしたらいいのかについて見ていきます。

転職理由を明確にしておく

まず大前提として、転職理由を明確にしておくことが重要です。

転職理由を明確にしておかないと、キャリアプランが描けていないと判断されてしまったり、そもそも自社に本当に入る気があるのかと思われてしまいます。

転職理由が明確になっていない人は意外に多く、面接の段階になって改めて考え直し始める人も多くいます。

転職を考えている人にもう一度考えて欲しいのは、本当に転職する必要があるのかについてです。

転職したい人に質問をすると、あたかも「転職すれば自分の悩みは全て解決される」と考えている人が非常に多いです。

しかし、転職すれば、あなたが必ず幸せになれるという訳ではありません。

自分がなぜ転職したいのかがはっきりしていないと、たとえ転職したとしても結局また同じ問題に直面してしまいます。

転職以外にも、もしかしたら部署を移動したら解決するかもしれませんし、それがダメだったら、転職してみようという選択ができることもあります。

安易に転職するのではなく、自分の中で理由をまとめてから、転職活動をするようにしてください。

開発者としてのマネジメント経験を積む

30代を過ぎると、第一線でコードをかける素晴らしいプログラマーよりも、チームとして複数人を束ねることが出来る、管理職の役割を求められることが増えます。

前職で開発者としてマネジメント経験やプロジェクトのリーダーをやった経験があるというのは、貴重なスキルの1つです。

プレイヤーとしてだけではなく、若手の人材育成に一役買ってくれる人材は、非常に重要なので、開発者としてのマネジメント経験がある方は相手に伝えるようにしましょう。

自分のキャリアの棚卸しをする

「キャリアの棚卸し」というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、簡単にいうと、自分のやってきたことを細分化して、実績としてアピール出来る材料を整理しておくことです。

転職面接の時に、自分の強みは何で、どんなことをやってきたのかを具体的に説明できる状態にしておかないと、質問された時にうまく答えられません。

上手に面接で答えられるようにするためにも、自分のキャリアの棚卸しをしておくようにしましょう。

30代・40代のエンジニアにおすすめの転職エージェント3選!

転職活動を開始するに当たって、エージェントや転職サイトを利用する方は多いですよね。

しかし、初めての転職だと、どんなエージェントを使ったらいいのか分からない方も多いですよね。

そこで今回は、Career Query編集部がおすすめする30代〜40代の転職におすすめのエージェント3社を厳選してご紹介します。

これから転職活動を開始しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、もともと開発案件の受注から始まっている会社でもあるので、社内で技術的な知識を豊富に持っているキャリアアドバイザー多く、転職活動するに当たって、しっかりサポートしてくれるところが大きな魅力です。

Geekly

Geeklyは、採用のスピード感が非常に早く、最短1ヶ月程度で内定にたどり着くこともあり、早く内定が欲しい人に定評があるエージェントです。

マイナビエージェントIT

人材系大手のマイナビが運営する、IT人材に特化したエージェントです。非公開求人は、給与や役職など条件面で良いものが沢山存在するため、転職でもっとキャリアアップしたいという方に非常におすすめです。

まとめ

今回は、エンジニアが転職出来るのは、何歳までなのかについてを中心にご紹介してきました。

エンジニアとして転職を考えている、30代〜40代の方も力があれば十分に市場で重宝される人材になり得ます。

転職活動を始めようか考えている方は、まず自分が転職したい理由を明らかにして、転職に自分が何を求めているか自己分析を行ってから、始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です