未経験の30代をエンジニアとして企業が採用したくない3つの理由

http://careerquery.jp/wp-content/uploads/2019/07/busi.png

「30代に差し掛かったんだけど、これから今の仕事をやっていく自信がない・・・」

「エンジニアなら将来的に独立もしやすくて、未経験からでも転職しやすいって聞いた!」

「でも年齢的に30代未経験からエンジニアに転職って出来るのかな?」

この記事では、こういった疑問に答えます。

30代からエンジニアにキャリアチェンジしたい方はいませんか?

ITエンジニアという職業は、他の職業に比べて未経験からの転職もしやすいですし、手に職をつけられるため、将来的には独立も視野に入れることができます。

結論から言うと、30代の未経験からエンジニアに転職することは可能です。

プログラミングさえ身につければ、未経験からでも転職できますし、30代から転職してエンジニアとして活躍している方も少なからずいます。

ただ、30代未経験からのエンジニアへの転職は可能ではありますが、かなり難しいです。

今回は、これからエンジニアへの転職を考えている30代の方に向けて、企業側が未経験の30代を採用したくない理由について解説します。

http://careerquery.jp/wp-content/uploads/2019/08/c6df0b79715d3a84481fcfea8bc29517.png
くえりくん

プログラミングスクールで働いていた経験のある僕の目線から、なぜ未経験30代からの転職が難しいのかについて解説していくよ!

30代からエンジニアへのキャリアチェンジを考えている人は、是非とも目を通してみてね!

未経験の30代をエンジニアとして企業が採用したくない3つの理由

理由① 同じ未経験なら新卒を取りたいから

1つ目の理由は、同じ未経験なら新卒の方を取りたいと考える企業が圧倒的に多いからです。

あなたがもし採用する側の企業であると考えてみましょう。

30歳の未経験者と22歳の未経験者だったら、どちらの方が伸び代があって、自社に利益がありそうだと感じるでしょうか。

ほとんどの方が間違いなく後者を選びますよね。

中途採用で採用する人材は通常、即戦力として使える人材を採用する目的が強く、業界に未経験だったり職種に未経験だったりする人は採用しない傾向にあります。

わざわざ30歳の人を取るよりも、素直で吸収力がありそうな22歳の新卒をとった方が会社としてもメリットが大きいと感じるため、まず「若さ」という点で大きなハンデがあるのです。

理由② エンジニアとして30代はキャリア後半戦だから

エンジニア界隈でよく囁かれる通説として、「エンジニア35歳限界説」というものがあります。

この詳しい真相に関しては、エンジニアが転職できるのは何歳まで?転職年齢に限界はある?で詳しく解説していますが、現場でコードを書くエンジニアの寿命は意外と短いものです。

30代も半ばに差し掛かると、通常エンジニアの多くは、プロジェクトをまとめるリーダーとして管理職に回ることが多く、現場でコードを書く機会が減っていきます。

つまり、現場の前線でコードを書くよりも今までの経験を元に、チームをまとめる役割を任されるようになります。

エンジニアにとって30代はそういった年齢であるため、わざわざ未経験の人を採用しようとは思わないという企業も多く、キャリア的にも厳しいのが現状です。

理由③ コストパフォーマンスが悪いから

3つ目の理由は、新卒で採用するのに比べて、コストパフォーマンスが悪いことが理由として挙げられます。

30歳の人を採用し、社内で教育していくとしても、エンジニアとしての寿命は、新卒を育てる場合より短いことは明らかです。

会社としては、なるべく若い人材を教育して、長く働いてもらいたいと考えるため、貴重な教育リソースを30代以降の人に割くのはなるべく避けたいのです。

http://careerquery.jp/wp-content/uploads/2019/08/c6df0b79715d3a84481fcfea8bc29517.png
くえりくん

採用側に立って考えてみると、なぜ未経験30代からの転職が難しいと言われているのか理解しやすいよね!

上で紹介したように、「30代よりは、若い優秀な人材を取りたい!」と感じている企業が非常に多いんだ。

未経験30代からエンジニアにキャリアチェンジするデメリット

求人自体が少ない

30代からエンジニア転職を目指す場合、求人自体がかなり少ないです。

ITエンジニアの募集をかけている企業の求人を検索すると分かるかもしれませんが、「未経験OK」とあっても、30代を条件として明確にしている求人は非常に少ないです。

某IT企業の求人の1例

現に未経験からの転職を目的としているプログラミングスクールでも、受講生を20代限定に絞っているところが多いです。

GEEK JOBは20代限定

未経験の30代からエンジニアに転職することが非常に難しいため、転職成功率を下げないために、20代に絞って教育しています。

求人数が少ない分、内定を取れる可能性も減少するため、かなり努力しなければならないということを覚えておきましょう。

ホワイト企業で働ける可能性は低い

エンジニアというと未経験の方は、「カッコいい」「自由」「給料も良い」「手に職ついて安定してる」といったイメージを持っている方が多いかと思います。

しかし、それはあくまでもホワイトな会社に就職出来た場合の話です。

確かに、メルカリやサイバーエージェントなどのIT企業のエンジニアは、非常に待遇が良く、福利厚生もニュースで取り上げられるくらい充実しています。

ただ、そういった企業は経験を積んだエンジニアでも中々入るのが難しく、未経験から入社するのは至難の技です。

未経験の30代の場合、SESや受託開発企業などからキャリアをスタートさせる方がほとんどであるため、ホワイト企業で働ける可能性は低いです。

全く経験がない状態から転職するのは、市場価値が全くない状態からのスタートになるということを十分理解する必要があるでしょう。

キャリアアップが難しい

先ほども、エンジニアの35歳限界説で述べたように、キャリアを30代から築くとなると、キャリアアップがかなり難しいです。

20代からエンジニアをやっている他の同年代の方と比べると、技術力にも経験値にも大きなギャップがあります。

転職してから数年間は、かなりの努力をしなければ、給料も上がりづらいため、キャリアアップにはそれなりの犠牲がいることを理解しておく必要があります。

未経験30代からでもエンジニアに転職するのは不可能ではない

ここまで、未経験の30代からエンジニアに転職することが難しい理由についてを主に解説してきました。

ただ、確かに難しいですが、転職することは不可能ではありません。

現に、30代からエンジニアに転職して活躍されている方もいますし、キャリアチェンジに成功して前職よりも活き活きと働いている方も沢山います。

http://careerquery.jp/wp-content/uploads/2019/08/c6df0b79715d3a84481fcfea8bc29517.png
くえりくん

僕の知り合いにも、30代で転職して、最初は給料低かったけど、転職で着実に給料を上げていた人もいるよ!

エンジニアへの転職は、リスクもあるけど、うまくいけば大幅に給料をアップできることもあるんだ!

では、具体的にどうやってエンジニアに転職したらいいのか、その方法について見ていくよ!

未経験30代からエンジニアに転職するための方法3つ

転職エージェントを利用して就職する

1つ目は、転職エージェントを利用して就職する方法です。

当サイトでは転職エージェントを利用して未経験からエンジニアに転職する方法はおすすめしていません。

転職エージェントを利用して就職を目指す場合、主にエージェントに求人を紹介してもらい、その中から求人を選びます。

ただ、全く未経験の状態でエンジニアに転職したい旨を伝えても、「紹介出来る求人がありません」と言われてしまうケースがほとんどです。

また仮に紹介されたとしても、SESなどのブラック企業を紹介され、エンジニアとは名ばかりの仕事をさせられることもあり、デメリットが多いです。

独学で学習して就職する

2つ目は、独学でプログラミングを学習し、自分の成果物や実績を元に就職する方法です。

「プログラミング」と聞くと、未経験の方は難しいイメージを持つかもしれませんが、実はネット上にある情報で十分勉強出来てしまいます。

要領の良い方であれば、自分で独学しても十分に就職の面接を受けられるレベルまで学習出来ため、安価にお金をかけずに就職出来るところが大きなメリットです。

ただ、プログラミングは、90%の人が途中で挫折すると言われており、挫折の確率が非常に高いというデメリットがあります。

転職型のプログラミングスクールに入って就職する

1番おすすめなのが、転職型のプログラミングスクールに入って、就職する方法です。

プログラミングスクールなら、近くにメンター講師がいるため、分からないことがあればいつでも質問でき、教材もカリキュラム化されたものが揃っています。

また、転職を目的としているところであれば、スクール卒業後の就職サポートも行ってくれるための非常に心強いです。

自分に合ったスクールを選べば、エンジニアとして転職出来る可能性もグッと上がり、最短距離で就職することができます。

自分に合ったスクールが知りたい方は、以下の記事でおすすめのスクールについて詳しく書いているため、是非とも目を通してみてください。

>>関連記事:【元業界人目線】転職・就職におすすめのプログラミングスクール5選

まとめ

今回は、未経験の30代をエンジニアとして企業側が採用したくない理由についてご紹介してきました。

30代からであっても、30代前半であれば、まだ十分雇ってくれる企業はありますし、キャリアを築くことも可能です

ただ、30代後半になると、より転職出来る可能性は少なくなってくるため、今30代に差し掛かっている方は、なるべく早く決断する必要があります。

これからエンジニアに転職を検討している30代の方は、リスクをしっかり考えて、本当に今の職業をやめるべきかもう一度考えてから、就職を考えてみてはいかがでしょう。