【未経験者必見!】Pythonのエンジニアに転職する方法

Pythonのエンジニアとして転職したい人

「Pythonってこれからどんどん需要が高まってくる言語らしい!AIとか面白そうだし、Pythonのエンジニアとして転職してみたい!どうやったら転職できるか知りたいな!」

この記事では、こういった疑問に答えます。

昨今、「AI」や「機械学習」といった分野が注目されており、この分野での活躍がますます期待されているPythonは、企業の間でも需要が高まってきています。

エンジニアとして転職を考えている、未経験の方もPythonをメイン言語として学ぼうと考えている方は多いですよね。

しかし、いざPythonのエンジニアとして転職しようと思っても、そもそもPythonエンジニアはどんな業務内容なのか、どうやって転職したらいいのか分からない方が非常に多いはずです。

そこで今回は、Pythonのエンジニアとして転職する方法について詳しく解説していきます。

Pythonってどんな言語?

Pythonとは、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたプログラミング言語で、世界的にも非常に人気のある言語の1つです。

Pythonは、「少ないコード量で簡単にプログラムを書ける」「コードが読みやすい」といった特徴があり、非常に開発において重宝されている言語でもあります。

世界的に有名なエンジニアの為のQ&AサイトのStack Overflowが行った2019年の調査(Stack Overflow Developer Survey Result 2019)によると、Pythonは非常に人気の言語として、プログラマーにも愛されている言語であることが分かります。

ランク人気好き嫌い使いたい
1JavaScriptRustVBAPython
2HTML/CSSPythonObjective-CJavaScript
3SQLTypeScriptAssemblyGo
4PythonKotlinCTypeScript
5JavaWebAssemblyPHPKotlin
6Bash/Shell/PowerShellSwiftErlangRust
7C#ClojureRubyC++
8PHPElixirRWebAssembly
9C++GoC++Java
10TypeScriptC#JavaSQL
11CJavaScriptScalaC#
12RubyDartBash/Shell/PowerShellHTML/CSS
13GoSQLF#Swift
14AssemblyHTML/CSSHTML/CSSC
15SwiftF#SQLR
16KotlinBash/Shell/PowerShellDartRuby
17RScalaJavaScriptScala
18VBAJavaC#Bash/Shell/PowerShell
19Object-CC++GoDart
20ScalaRElixirPHP
21RustRubyClojureElixir
22DartErlangSwiftF#
23ElixirPHPWebAssemblyAssembly
24ClojureCKotlinClojure
25WebAssemblyAssemblyTypeScriptErlang

参照:https://news.mynavi.jp/article/20190412-807191/

「人気」「好き」「使いたい」の3つの項目で全て4位以上にランクインしており、「嫌い」のランキングに関しては、ランクインすらしないという、圧倒的に人気の言語であることが顕著に現れています。

Pythonを使って出来ること

Pythonの1番の人気の理由として、挙げられるのが、「Pythonの可能性は無限大」とも言われるほどの、汎用性にあります。

注目されている分野での技術力に加えて、書きやすく、出来ることも多いとなると、もはや人気ではない理由が分からないくらいの素晴らしいプログラミング言語なのです。

Pythonを使って出来ることは、以下の7つです。

  1. Webサービス/アプリケーションの開発
  2. 自動データ処理や分析などの業務効率化
  3. 機械学習を使った人工知能の開発
  4. Webスクレイピング
  5. Androidアプリの制作
  6. 組み込み系のアプリケーションの制作
  7. デスクトップアプリケーションの制作

Webサービス/アプリケーションの開発

Pythonにおいて、最も使用用途が多いとされているのが、Web開発です。

Pythonで作られた有名なサービスとしては、みなさんも普段から頻繁に使っているであろう、YouTube、Instagram、Dropboxなどが挙げられます。

以前から日本でのWebアプリ開発において主に使われる言語には、Ruby、Perl、PHP、Javaなどが使われてきました。

Pythonは、海外でのシェアが非常に高くWebアプリの開発にたくさん使われています。

日本でのシェアは、海外と比べるとまだまだですが、これからどんどん需要が高まってくると言われています。

自動データ処理や分析などの業務効率化

Pythonは業務効率化を測るためにも使われていて、自動でデータを処理したり、数値を自動分析したりする用途でも使われています。

例えば、Web上にある記事をCSVファイル形式ではき出したり、特定のデータを自動通知したりすることが可能になります。

特にマーケティングに関わっている方は、これまで何時間もかけていたものを簡単に終えることが出来るようになります。

自動化のスキルをつけることで、より出来ることが増えるかもしれません。

機械学習を使った人工知能の開発

様々な分野での活躍が期待されている人工知能の分野において、Pythonはどのプログラミング言語よりも注目されている言語です。

人工知能の技術が発展することで、これまで人間がやっていたことをやらなくてもよくなるので、スーパーのレジ打ちや、部品の製造、貨物の運輸など様々な分野で業務をAIがやるようになるかもしれません。

Pythonは簡単に言うと、こういった人間の代わりに動いてくれるロボットを効率的に作ることが可能なのです。

人工知能は、市場として伸びつつけて行くことが確定しているので、今後Pythonを使って人工知能を開発出来る人材は求められていくでしょう。

Webスクレイピング

Webスクレイピングとは、Web上から特定した情報を抽出するコンピューターソフトウェア技術のことで、情報を取得し、加工することが出来ます。

Webスクレイピングを行うことで、より効率的にデータを入手し、分析しやすくなるので、圧倒的に業務の効率化を測ることが出来るようになります。

Androidアプリの制作

PythonはAndroidのアプリを作ることも可能です。

PythonでAndroidのアプリを作る場合、kivyというフレームワークを使うことで、簡単にスマホアプリを開発することが出来ます。

組み込み系のアプリケーションの制作

組み込み系のアプリでも、Pythonが使われることがあります。

組み込み系とは、実際のハードウェアやロボットなどの機械に組み込まれたコンピューターを制御する為のシステムのことです。

みなさんが普段から使っている、洗濯機や炊飯器などの家電にも、機械の中には組み込み系システムが入っていて、機械を制御するシステムによって動かすことが出来ます。

こういった組み込み系のアプリを制作する際には、通常C、C++など言語が使われますが、親和性の高いPythonが使われることもあります。

デスクトップアプリケーションの制作

Webアプリに比べると、非常にマイナーではありますが、PC用のデスクトップアプリを作ることも出来ます。

普段あなたが使っているPCには、デスクトップから、ブラウザやファイルを開いたりしますよね。

実は、そのデスクトップを操作出来るのも、デスクトップアプリが最初からPCに入っているからなのです。

デスクトップアプリは、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)などを使って、自作のPCを作ったりする時にも使えます。

Pythonエンジニアの年収は?

Pythonエンジニアとして転職したい方が、気になるのがエンジニアとしての年収ですよね。

他の言語との比較表を参照すると、分かりやすいので、エンジニアの年収を言語別に比較してみました。

参照URL:https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

2017年にビズリーチが運営するスタンバイによって、行われた調査によると、Pythonエンジニアの年収は、605万円となっており、他の言語と比べても平均年収が高いことが分かりました。

Pythonエンジニアは、まだまだ開発の現場ではメイン言語として使われていませんが、これからますます需要が高まってくる言語なので、今後、平均年収が上がる可能性も十分にあるでしょう。

Pythonエンジニアの転職は本当に有利なの?

結論から言うと、Pythonエンジニアの転職は将来的には非常に有利になり得ます。

Pythonの転職市場が日本でも盛んになってきており、需要もますます上がってきている為、今後は間違いなく重宝される存在になり得ます。

ただ、現状はそこまで求人数が多く無いという事実もあります。

Pythonエンジニアの求人数は少ない?

IndeedレバテックキャリアGreenForkWell Jobsdoda
Python17,8493311,496127905
Java44,6757584,9671403,841
Ruby18,6273651,832187661
PHP34,60361230191361,956
Swift4,20816879073271

※各求人サイトで、検索窓に「言語名」を入力し検索した結果です。

上の図は、Career Query編集部の方で、各求人媒体にて、プログラミング言語ごとの求人数を算出したものです。

Pythonエンジニアの求人数は、平均的に他の業種に比べて若干少ないのが目立ちます。

求人内容としては、Webアプリケーション開発の業務が1番多く、その次にデータ解析・AIエンジニアなどの仕事が多く見受けられました。

今の所、日本では比較的使われにくい言語ではありますが、それでもグノシーやLINEなどメガベンチャーの求人もあり、新しい技術を求める会社では使える言語であると言えます。

海外の企業はPythonエンジニアを求めている

日本での人気は、それほど無いにしても、海外の企業ではPythonのエンジニアを求めているところが非常に多いです。

特にアメリカでは、需要が高く、GoogleやYahoo、Dropboxなど世界的な有名企業で利用されています。

以下に、Google検索エンジンで、プログラミング言語の検索回数から、人気を判断する、PYPL(PopularitY of Programing Language )の2019年5月のデータを見てみてください。

>>PYPL(PopularitY of Programing Language )

データでは、Pythonが圧倒的に1位にランクインしていますが、2018年6月以前のデータでは、1位はJavaでした。

Pythonにとって代わったということは、それだけグングン人気が高まっているということですし、前年度比+4.5%という表記もその人気を顕著に表しています。

Pythonのエンジニアとして転職するのであれば、外資系企業への転職も視野に入れてみると、年収面でも待遇面でも満足がいくかもしれません。

>>外資系にエンジニアとして転職するためには?給与やメリットを解説!

Pythonのエンジニアに転職するためには何が必要?【求人内容の確認必須!】

Pythonのエンジニアに転職するためには、事前にPythonを募集している企業が何を欲しているかを理解しておかなくてはなりません。

募集求人に出ている業務内容や、募集要項は、Pythonのエンジニアとして転職するために、何が必要になるのかを逆算して知ることが出来ます。

Pythonを募集している企業の募集要項

①A社

【必須条件】
2年以上のNode.jsを使ったバックエンドWEBシステム構築経験


【必須言語】
Python
Node.js


【高評価のポイント】
インフラ事業、機械学習業務経験(2年以上)
C/C++のプログラミング経験(2年以上)
Kubernetesの経験(2年以上)
分散コンピューティングについての研究経験
スタートアップで働いた経験
技術を実用化する高い意思があること

https://jp.indeed.com/jobs?q=Python&start=20&vjk=3d81f149b0eff1ea

②B社

【スキルや知識】
・精通したプログラミング言語が1つ以上ある方
・プログラミングに必要なメモリ、プロセス、スレッドの基礎知識
・TCP/UDP、HTTPなどネットワークの基礎知識
・データベース、SQLの基礎知識

【経験】
・Java、Kotlin、Swift、Objective-Cを用いたネイティブアプリの開発経験
・Java、PHP、Perl、Ruby、Pythonといった開発言語を用いたWebアプリケーション開発経験
・オープンソースソフトウェアコミュニティでの活動経験
・大規模データ、トラフィックを扱うシステムの開発、運用経験


【マインド】
・自ら積極的に新しいことを習得したいという意欲がある方
・モノ創りが好きな方
・自分のデザイン感覚を生かした制作への意欲がある方
・ものづくりに対し、熱い情熱をお持ちの方
・インターネットやWebサービスに興味がある方

https://career.levtech.jp/engineer/offer/detail/5757/

③C社

【必須スキル/経験】
2年以上のWebフレームワークを用いたwebサービス開発経験
GitHub/Bitbucketを使った経験
DBのテーブル設計ができる
別職種の人と円滑にコミュニケーションがとれる


【歓迎スキル/経験】
Ruby on Railsを用いたwebサービス開発経験
Ruby、PHP、Go、Pythonでの開発経験
AWS環境での開発経験
Elasticsearchでの開発経験

https://jobs.forkwell.com/coconala/jobs/1963

具体的に3つの転職求人情報サイトから、募集要項の欄を引用しました。

Pythonエンジニアの求人は、多くが「開発経験〇〇年以上」と記載されていることが非常に多く、未経験での募集があるところは、ほとんどありません。

求人から分かる必要なスキルとしては、サーバーサイド言語(Java、Ruby、C言語、PHPなど)での開発経験が必須であるということです。

既にキャリアが募集要項に達しているエンジニアの方は、十分に応募する価値があるので、ぜひ応募してみてください。

未経験からPythonのエンジニアとして転職するのは不可能?

結論から言うと、全くの未経験から、いきなりPythonのエンジニアとして転職するのは、かなり難しいです。

先ほどの、求人内容を見てもらうと分かるように、Pythonエンジニアの募集は、開発経験を必須条件としています。

これは、Pythonのエンジニアを未経験から育てるだけのリソースがある会社が少ないことに加えて、日本においては、言語として成熟していないということが理由として挙げられます。

未経験からPythonのエンジニアとして転職するためには、サーバーサイドエンジニアとして企業で開発経験を積むことが不可欠です。

未経験の方は、以下の方法で、まずはエンジニアとして就職してみることをおすすめします。

  1. 「未経験OK」の募集がある会社に即入社する
  2. プログラミングスクールを受講して、就職先も斡旋してもらう
  3. 独学でWebアプリを作って、その実績を元に転職活動をする

①の方法は、エンジニアのキャリアの歩み方としては、あまりオススメできません。

未経験OKの企業は、社内研修が雑だったり、エンジニアとは名ばかりの、システムテスト業務だけをやらされる「テスター」として雇われたりと、キャリアアップが見込めないことが非常に多いです。

②、③の方法は、比較的いい企業に入れる可能性が高いので、おすすめします。

未経験からエンジニアになる方法については、未経験からITエンジニアに転職するためにやるべき5つのことで、詳しく解説しています。

Pythonのエンジニアとして転職するために登録すべき転職サイト

最後に、Pythonのエンジニアとして転職するために、どんなサイトに登録したらいいのかについてご紹介していきます。

転職活動の際に、どんな転職サイトに登録したらいいのか、全く分からない!という方は、以下の記事で既に説明しているので、参照してみてください。

>>【2019年最新】転職に迷えるエンジニアにおすすめ転職サイト!

1.レバテックキャリア

ITエンジニア・クリエイターの専門転職サイトなので、IT業界に絞って、多くの求人を見つけることが出来ます。

スタートアップから、大手企業まで幅広く求人を揃えているのが大きな強みになります。

https://career.levtech.jp/

2.Green

IT業界に特化した求人サイトのGreenは、業界内でも大手の企業〜スタートアップ・ベンチャー企業まで幅広く掲載してあります

特に、ベンチャー企業の求人は多いので、積極的にキャリアを積んでいきたい肩には、非常におすすめの転職サイトです。

https://www.green-japan.com/

3.doda

転職業界大手のパーソルが運営している、転職情報サイトのdodaでは、転職の求人数も非常に多いことで知られています。

大手からベンチャーまで幅広く求人を掲載しているので、幅広い求人の中から転職先を探したい方におすすめです。

https://doda.jp/

まとめ

今回は、Pythonのエンジニアとして転職するためには、何をしたらいいのかについてを具体的に解説してきました。

既にエンジニアとして開発経験がある方は、これから注目が高まってくるPythonを学習して、転職してみるのは十分可能性があります。

これから転職を考えている方は、是非とも本記事を参考に転職の準備をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です