ビズリーチの評判・口コミは?エンジニア転職には強いの?

http://careerquery.jp/wp-content/uploads/2019/07/busi.png
ビズリーチに ついて知りたいエンジニア

「ビズリーチの評判が知りたい!CMでもよく見かけるけど、転職する時に登録しておいた方が良いのかな?エンジニアの転職に強いのかも知りたい!」

この記事では、こういった疑問に答えます。

ビズリーチは、最近TVCMなどでも広く知られている、優秀なハイクラスの人材のみをターゲットとした転職サイトです。

転職を考えている、もしくは転職中の方は、ビズリーチについて気になっている人も多いですよね。

ビズリーチは、転職サービスとしては珍しく、サービスの利用が有料であるため、簡単に登録に踏み切れない方も多いです。

この記事では、そんなこれからビズリーチに登録しようか検討している方に向けて、以下のような内容に触れながら、利用者の評判・口コミ、サービス内容や注意点について解説します。

  1. ビズリーチの評判・口コミ
  2. ビズリーチのサービス内容・特徴
  3. ビズリーチがおすすめの人
  4. 【結論】エンジニアはビズリーチに登録すべき?
  5. ビズリーチの有効活用方法3選

ビズリーチの利用を検討している方は、是非とも一度目を通してみてください!

ビズリーチの口コミ・評判!辛口な意見も集めました!

今回は、ビズリーチの口コミ・評判をTwitterから参照しています。

非常に多くの方が、ビズリーチについてコメントしdており、サービスとしての認知度の高さが感じられました。

中には辛口な意見もあったため、良い意見と悪い意見の両方をご紹介します。

良い意見

高収入・ハイクラスな求人が多い

ビズリーチでは、高収入・ハイクラスな求人を扱っていることを1番の強みとしています。

口コミでも「良い案件が多い」「高年収ならビズリーチ」といった声が非常に多く、実際の利用者からも信頼度の高いサービスであることが分かります。

日系だけでなく、外資系の企業からのスカウトも多く、BCGやマッキンゼーなどの大手外資コンサルや、海外ベンチャーなど様々な企業からオファーがあったという口コミも見受けられました。

他サイトと併用すると使いやすい

ビズリーチが他の転職サービスと大きく異なる点は、企業からのスカウト機能です。

約8割以上の転職成功者がスカウトメールでのやりとりからであることからも分かるように、スカウトメール機能がビズリーチの最大の魅力です。

ビズリーチに登録することで、オファーが来る企業で自分の市場価値がどのくらいなのかを把握するのに活用することが出来ます。

市場価値を把握した上で、他の転職エージェントなどで、志向に合った企業に転職する形が非常に有効的であるという声が多かったです。

転職エージェントは常に複数登録しておくのが一般的なので、他サイトと併用して使うという形で利用するのもとても有効です。

エンジニアにもおすすめ

エンジニアの方も、ビズリーチを使って転職する価値は十分にあります。

エンジニアが人材不足である市場の状況を考えると、キャリアを積んだエンジニアを1人でも多く確保したいと考えている企業が多いのは不思議ではないでしょう。

社内に何年もいると、自分の市場価値が分からなくなり、転職に対して消極的になってしまいがちです。

ビズリーチに登録しておけば、市場でどのくらい自分が欲しがられているのか、いつでも知ることができます。

技術やマネジメント経験がモノを言うエンジニアは、今のポジションよりもっと良い企業からスカウトが届くことも良くあるため、登録しておいて損なことは無いでしょう。

悪い意見

電話やメールが沢山来る

電話やメールがしつこいという声が見受けられました。

転職サービスである以上、登録者や応募者に連絡メールを入れるのは、仕方ないのですが、あまりに多くて嫌気が差してしまう方も多いようです。

キャリアがある程度ないと有料会員になれない

ビズリーチは、ハイクラス人材向けに求人を紹介しているため、キャリアやスペックが高くない方はサービスを使えないこともあります。

ビズリーチ では無料登録後、職務経歴書を書いて登録し、会員として登録されていますが、この時に書いた経歴が一定の基準を満たしていないと、会員になることを断られるケースもあります。

特にあまり経験のない、20代や第二新卒の方は、断られることもあるのであらかじめ覚悟しておきましょう。

第二新卒、20代前半の方で、どの転職エージェント/サイトが向いているのか分からない方向けに、以下の記事で転職エージェントについて詳しく解説しています。

>>【超厳選】エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

希望条件に合わない求人が送られてくる

ビズリーチでは、稀に希望条件に合わない求人が送られてくることもあります。

ハイクラス人材に特化しているビズリーチでは、年収1,000万円の求人も多く扱っています。

身の丈にあった求人を選びたいのに、逆に高年収の求人を提示されてしまい、全然マッチしない求人を紹介されることもあります。

ビズリーチの特徴は?どんなサービス?

ここでは、ビズリーチの特徴などを分かりやすく解説します。

  1. 有料の転職サイト
  2. 料金プランは2通り
  3. キャリアコンサルタントはつかない
  4. 年収1,000万円を超える求人が3分の1

有料の転職サイト

通常、転職サイトは、登録する求職者側は無料で、企業からの掲載料、もしくは転職が成功した時に成果報酬をもらう形で収益化しています。

しかし、ビズリーチは、他の転職サービスと異なり、サイトに求人を出す企業からの掲載料金の他に、登録する求職者からも登録料をもらっています。

一般的な転職サイトは、自社経由での転職を成功させることで報酬が入る仕組みになっているため、自社から直接的に求人を紹介したり、面談を行います。

しかし、ビズリーチは、求職者と採用したい企業をつなぐプラットフォーム的な役割を担うだけで、企業を直接紹介したり、面談を行うことはありません。

企業と求職者という両方向の顧客から料金をもらうことで、求職者側のリテラシーを高めてもらい、効率的かつ主体的に転職したい方に最適なサービスを提供しています。

また、サービス利用を有料にすることによって、ハイキャリアの人材とそうでない人材を選別し、より優秀な人材だけを集める狙いもあります。

料金プランは2通り

ビズリーチの料金プランは、以下の2つの有料プランがあります。

  1. タレント会員:2,980円(税抜)/30日
  2. ハイクラス会員:4,980円(税抜)/30日

タレント会員かハイクラス会員かは、「会員属性」と呼ばれるもので、ビズリーチに登録後、職務経歴書を入力すると、ビズリーチ側で審査が行われます。

この審査によって、会員の方は、「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分けられる仕組みになっています。

有料か無料かは、「スタンダートプラン(無料)」と「プレミアムプラン(有料)」で分かれており、会員属性が決定された後、有料にしたい方は有料にすることが出来ます。

無料プランと有料プランでは、利用できるサービスの幅が大きく異なっており、有料プランの方がより多くの機能を使うことが出来ます。

プレミアムスタンダード
求人の検索・閲覧有り(企業名を除いて)有り
スカウトへの返信全てのスカウトへ返信可能*プラチナスカウトのみ返信可能
求人への応募全ての求人へ応募可能一部の求人への応募可能
ヘッドハンターへの相談有り無し

*プラチナスカウト・・・経歴やスキルなどを見て、求める経験やスキルを備えていそうだと判断し、あなたに高い関心を持ったヘッドハンターや企業から届く、面談もしくは面接が確約された「特別なスカウト」です。

キャリアコンサルタントはつかない

転職エージェントでは、基本的にキャリアコンサルタントが1人ひとりについて、マンツーマンであなたのキャリアの相談に乗ってくれます。

しかし、ビズリーチでは、キャリアコンサルタントがついてくれることはありません。

あくまでも、求職者と採用企業(ヘッドハンター)を直接つなぐ媒体として存在しているため、あなたの転職先を見つけて紹介してくれたり、キャリアの相談に乗ってくれる人はいません。

年収1,000万円を超える求人が3分の1

ビズリーチでは、日本最大級のハイクラス転職サイトというだけあって、年収1,000万円を超える求人が全体の3分の1を占めています。

求職者の質も高く、優秀な人材が集まっているからこそ、高年収を定時している企業も多く、キャリアアップを狙っているミドルキャリア層の方には非常におすすめです。

ビズリーチはどんな人におすすめなの?

ビズリーチがおすすめなのは、以下の条件に当てはまる人です。

  1. 30~40代の人
  2. 年収をアップさせたい人
  3. 効率的・主体的に転職活動をしたい人
  4. 社外に出た時の自分の市場価値を知りたい人

ビズリーチ では、厳選した企業とヘッドハンターだけを集めて掲載しているため、求職者側としても非常に質の高い転職活動ができますし、スムーズに自分の行きたい企業を見つけることが出来ます。

CEOやCTO、事業企画や事業開発などのマネジメント職などの非常に高いポジションの求人も多数用意しているため、これまでの経験を元に年収を一気にあげたい方にもおすすめです。

今は転職するつもりがなくても、登録しておくだけで市場価値を知ることが出来たり、思っても見なかったオファーが来たりすることもあります。

上記の条件に当てはまる人は、まずは無料登録して、自分に合うかどうか試してみてください。

>>ビズリーチに無料登録する

【結論】エンジニアはビズリーチを利用すべき?

結論からいうと、30代以降でマネジメント経験のあるエンジニアの方は、登録しておくべきです。

口コミでもあったように、エンジニアの方でもビズリーチで登録しておくと、スキルによっては、多数スカウトをもらうことが出来ます。

特に外資系の求人も多く揃えているビズリーチなら、外資系企業へ転職して、年収を大幅にあげることも可能です。

>>関連記事:外資系にエンジニアとして転職するためには?給与やメリットを解説!

20代の経験の浅い方にはおすすめしませんが、30代〜40代の働き盛りのエンジニアは、登録しておいて損はないサービスなので、是非とも登録しておきましょう。

>>即戦力人材のための会員制転職サイト【BIZREACH】

ビズリーチでの転職活動の流れ

ビズリーチでの転職活動は以上のような流れで進んでいきます。

基本的にビズリーチで転職メールが届くのは、以下の2パターンです。

  1. 企業の採用担当者
  2. ヘッドハンター

企業の採用担当者から連絡が来た場合は、そのまま面接に進むことができます。

ヘッドハンターから連絡が来た場合は、1度ヘッドハンターと会い、条件に合う求人を紹介してもらった後、企業の面接に進みます。

基本的にスカウトメール機能を使うことになりますが、自分から行きたい企業の求人に応募したり、相性の良さそうなヘッドハンターを探すこともできます。

ビズリーチでの転職活動の流れについて詳しく知りたい方は、以下のページで詳しく説明しているので、目を通しておくといいでしょう。

>>関連記事:転職活動の流れ

まとめ

今回は、ビズリーチの評判・口コミについて、サービス内容などに触れながら解説しました。

ハイクラス人材に特化しているといっても、年収1,000万円以上の人しか登録出来ないということでもなく、約年収400万円以上あれば、十分に登録することは可能です。

より良いキャリアを求めて転職しようと考えている方は、ぜひともまずは無料登録してみてください!

>>ビズリーチに無料登録する