【超厳選】エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

転職に悩むエンジニア

「エンジニアとして転職活動をしているけど、転職サイトを使って自分で企業見つけるの大変だなあ。転職エージェント使ったら簡単に転職できるのかな?その前にどの転職エージェントが良いのか分からないなあ・・・」

この記事では、こういった疑問に答えます。

「転職サイトで求人を眺め続けるだけで、全然転職活動が進まない!」というエンジニアの方はいませんか。

1人で転職活動をするのは、精神的にも肉体的にも辛いですし、初めての方ならなおさら辛いですよね。

あなたが、もし転職未経験者なら転職エージェントを使って転職することをおすすめします。

転職エージェントなら、転職したいあなたと、転職先の企業をつなぐ架け橋として、相談に親身に乗り、あなたの要望に適した企業をすぐに紹介してくれます。

ただ、いざ転職エージェントを使いたい!と思っても、数ある転職エージェントの中から、どれを選んだら良いのか分からないですよね。

そこで、この記事では、エンジニアの方におすすめの転職エージェント7つを厳選して、それぞれの内容について詳しく解説しました。

エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

では早速、エンジニアにおすすめの転職エージェントを7つ紹介していきます。

今回は、Career Query編集部の方で、転職エージェントを「基本情報」「特徴」「おすすめする理由」「口コミ」の4つの項目で比較しています。

自分がどのエージェントを使うべきかを判断してもらうために、なるべく細かく項目ごとに評価しているので、参考にしてみてください。

  1. レバテックキャリア
  2. リクルートエージェント
  3. マイナビ×ITエージェント
  4. Geekly
  5. ワークポート
  6. GEEK JOB
  7. パソナキャリア

1. レバテックキャリア

基本情報

求人数
約2600件(非公開求人を含まない)
対応地域
東京・埼玉・千葉・神奈川・滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫・福岡
スカウト機能

特徴

ITの転職業界では、かなり大手のレバテックキャリアは、もともとシステム開発の受注から始まった会社なので、技術的な知識を持っているキャリアアドバイザーの方が多いという特徴があります。

レバテックでは、転職エージェントだけではなく、『レバテックフリーランス』も主軸のサービスとしているため、IT業界でも顔が広く、多くの企業との取引がある点も大きな魅力です。

おすすめする理由

  1. IT業界に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍
  2. 入社前に企業の内情が掴みやすい
  3. 非公開求人は掲載求人の3倍

口コミ(Twitter)

総合評価

レバテックキャリアの総合評価
求人の質
(4.0)
求人の数
(4.5)
口コミ・評判
(5.0)
エージェントの質
(4.5)
総合評価
(4.5)

レバテックキャリアは、業界内でもトップクラスのエージェントです。

Career Query編集部がTwitterで評判や口コミを調べても、ほとんど悪い口コミをしている方は、見当たりませんでした。

>>レバテックキャリアの評判・口コミを徹底調査!内定率が高い理由は?

どちらかというと、「エージェントの質が高い」「案件数が多い」といった意見が多く見られ、転職エージェントとしてエンジニアからも非常に信頼が厚いサービスです。

レバテックキャリアを使って転職活動したい方は、登録無料なので、ぜひ登録して案件を見てみましょう。

>>レバテックキャリアに無料登録する

2.リクルートエージェント

基本情報

求人数
約14,000件(非公開求人約55,000件)
対応地域
全国
スカウト機能

特徴

就職/転職から派遣/アルバイトまで人材業界では日本最大手のリクルートが運営する『リクルートエージェント』。

エンジニア業界に特化している訳では無いものの、ITエンジニアの求人数は業界でもトップクラスの数を誇っています。

リクルート自体も多数の転職実績を誇っているため、幅広い求人数や業界の中から行きたい会社を選びたい方には、おすすめです。

おすすめする理由

  1. 求人数が圧倒的に多い
  2. 知名度や実績がある
  3. 交渉力があり、内定率も高い

口コミ(Twitter)

総合評価

リクルートエージェントの総合評価
求人の質
(3.5)
求人の数
(5.0)
口コミ・評判
(3.5)
エージェントの質
(3.5)
総合評価
(4.0)

リクルートエージェントの最大の強みは、求人数の多さです。

公開している求人、非公開求人を合わせても、エンジニア転職エージェントの中でもトップクラスであることは明白でしょう。

ただ、口コミや評判などを調べると、「担当者の質がピンキリ」「SESの企業を勧められた」などの口コミも見受けられました。

エンジニア特化型では無いですが、幅広い選択肢の中から転職先を選びたい方は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

>>リクルートエージェントに無料登録する

3. マイナビITエージェント

基本情報

求人数
約5,000件(非公開求人約6,000件)
対応地域
全国
スカウト機能

特徴

こちらも人材業界大手のマイナビが運営しているサービスです。

マイナビITエージェントでは、IT・Web業界と転職市場の両方に精通している「キャリアアドバイザー」と、企業への営業担当として、各企業とのパイプを持つ「リクルーティングアドバイザー」が存在します。

キャリアアドバイザーと、リクルーティングアドバイザーがチームとなって、あなたの転職活動を一貫してサポートしてくれます。

おすすめする理由

  1. 紹介求人の80%が非公開求人
  2. 転職支援が豊富
  3. 大手企業の求人も多数

口コミ(Twitter)

総合評価

マイナビITエージェントの総合評価
求人の質
(4.0)
求人の数
(3.5)
口コミ・評判
(4.0)
エージェントの質
(4.0)
総合評価
(4.0)

マイナビITエージェントは、転職業界大手ならではの大手企業の人材が非常に多いことが大きな強みです。

紹介求人の80%以上が非公開求人であることから、登録してサービスを使ってみないと、どんな求人があるのか把握出来無いので注意が必要です。

Twitterでの口コミや評判は、エンジニアの方のツイートは少なかったものの、概ね良い評価が多く見受けられました。

ただ、マイナビエージェントの強みである非公開求人は、新規プロジェクトのPMやリードエンジニアなどの、ハイクラスな職種を多数紹介しているので、キャリアに自身がある方には、非常におすすめです。

>>マイナビITエージェントの公式サイトへ

4. Geekly

基本情報

求人数
約4,000件(非公開求人を除く)
対応地域
全国
スカウト機能

特徴

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化したエージェントで、特化エージェントならではの提案力を強みとしています。

比較的まだ新しい企業ではありますが、平均年収アップ率が67%だったり、提案可能な求人数が平均40件以上もあったりと、転職希望者には非常に優しいサービスとなっています。

おすすめする理由

  1. 首都圏勤務の案件が多数
  2. 転職内定までのスピード感がある
  3. 優良ベンチャー企業が多め

口コミ(BEST WORK

①口コミ投稿者 ムックさん

前職はソーシャルゲームプロデューサー、その後ECサイトマネージャーと、業界をまたいで転職してきました。

事業縮小のため営業に配属されそうになったため、転職を希望。3社のエージェントに登録して各社相談にのってもらいました。

その中でも、イチバン親身に感じたのがGeeklyのコンサルタントの方でした。

他のエージェントは、いくつか条件をヒアリングした後に、その条件にマッチした求人を紹介してくれる、可も不可もない対応だったのですが、Geeklyさんは違ったんです。

「次もEC業界での転職を希望されてますが、こんな仕事はどうですか」と出してくれたのは、WEB新規事業のマネージャー職。

ソーシャルゲーム時代に新規ゲーム立ち上げをいくつも経験しており、畑は違えどマインドは…ということで、紹介してくださったんです。

実際に企業との面接にすすむと、好感触でトントンと進みました。 ECで培ったWEBサービス運営・マネジメントの経験を活かし、まずは部長直下でしばらく現行サービスの運営に携わりつつ、新規事業立ち上げに取り組むことになりました。

希望年収より150万もアップし、やる気もアガってますよ。 一人で転職活動していたら、たぶんこの求人は見つからなかったと思うので、アドバイスいただけてほんとよかったです。

https://www.best-w.com/reviews/3440

②口コミ投稿者 grassさん

エンジニアは売り手市場とはいえ、ピンからキリまであることは、以前ブラック企業で働いていたので身に染みてわかってます。

なので、同業の勉強会や友人づてであちこちの評判を聞いて、転職先・業界の狙いはいくつか絞っていました。

知り合いづてに転職してもよかったのですが、条件交渉などはプロが入ると有利と聞いて、転職エージェントに複数登録。

コンサルタントの業界の詳しさで選ぼうと思っていたので、担当者何人かと会ってみた中で、Geeklyが信頼できるなと感じました。

転職希望する業界と企業名をいくつか伝えると、狙っていた企業の求人があり、即面談希望を伝えました。

用意した職務履歴書や志望動機などでは不安だったのでそちらも見ていただき、的確なアドバイスをもらい、ブラッシュアップ。

準備万端で面接に挑み、無事内定。

転職活動はリサーチ期間も含めると3カ月ぐらいでしたが、Geeklyに登録してからは3週間ほどで決まりましたね。

対応がスピーディーだったので内定連絡まであっという間に感じました。 条件も事前リサーチより好条件だったので、今回の転職でしばし腰を落ち着けたいと思います。

https://www.best-w.com/reviews/3443

③口コミ投稿者 ハイキン・グーさん

サーバ構築・保守運用を中心に新卒から7年働いていました。

会社の事業内容の変化に伴い、後輩のマネジメントも任されることが増えましたが、小さな会社でどんどんマネジメントの比重が大きくなり、もっと現場に立ちたくて転職を考え始めました。

転職エージェントというものを初めて使うのですが、まずは大手に登録し、あとはエンジニアに詳しそうなサービスを探して登録しました。

大手のコンサルタントは、ちょっとイマイチでしたね…保守と構築の違いもあんまわかってなさそうだったし(苦笑) Geeklyのコンサルタントは、そこらへん理解したうえで、ゲーム会社のサーバエンジニアの求人を紹介してくれました。

考えてなかった業界だったので驚きました。

よく話を聞けば、ソシャゲ業界の仕事は、今まで携わってた仕事より規模も大きくエンジニアとしては学びが多そうで、魅力に感じ面接を受けることにしました。

面接では先輩エンジニアからより詳しく現場のことを話してもらえて、今の自分の知識経験と照らし合わせて、足りない技術も見えてきて、ここなら成長できそうだと感じ転職を決意。

予算も大きく動いている業界なので、できる幅も増えるなと、ちょっと楽しみですね。

もちろん、給与もアップしたので、これで自宅開発環境や趣味への投資が増えるなと皮算用中(笑)

WEBやゲーム専門じゃなくても、サーバエンジニアでソシャゲ業界への転職、なかなかアリですね。

思ってもみない提案だったのですが、結果としては納得いく職場におさまった感じです。

https://www.best-w.com/reviews/3442

総合評価

Geeklyの総合評価
求人の質
(3.5)
求人の数
(3.5)
口コミ・評判
(3.5)
エージェントの質
(3.5)
満足度
(3.5)
総合評価
(3.5)

Geeklyは、IT業界特化型のエージェントなので、エンジニアの話に非常に親身になって乗ってくれるエージェントの方が多いです。

どちらかというと、首都圏でメガベンチャーなどの比較的新しい会社の紹介が多いので、関西に住んでいたり、もっと大手を狙っている方は、あまりおすすめ出来ません。

逆に、もっと成長したいと考えている首都圏住まいのエンジニアの方には、非常におすすめしたいエージェントです。

>>Geeklyの公式サイトへ

5. ワークポート

基本情報

求人数
約9201件(非公開求人を除く)
対応地域
全国
スカウト機能

特徴

ワークポートも転職業界において、近年非常に実績を伸ばしている企業の1つです。

リクナビが2018年に行った、「GOOD AGENT RANKING〜2018〜」で、転職決定人数部門で第1位を受賞しており、業界内の転職決定数においてNo.1の実績を誇っています。

IT特化型ではないものの、エンジニア専門の転職サイトである、『hello world』も運営しており、求人数も十分です。

おすすめする理由

  1. 転職コンシェルジュが親切に対応してくれる
  2. 転職決定率が業界No.1
  3. 支社が全国にあるため、地方の求職者にも便利

口コミ

総合評価

ワークポートの総合評価
求人の質
(4.0)
求人の数
(3.5)
口コミ・評判
(4.5)
エージェントの質
(4.0)
総合評価
(4.0)

ワークポートは、実績からも分かるように、非常に評判の良い転職エージェントであると言えます。

口コミも調査したところ、目立って悪い反応は見られませんでしたし、概ね良い評判が多く見受けられました。

エンジニアの転職も強く、求人の質にも定評があるため、転職を考えているエンジニアの方には非常におすすめです。

>>ワークポートの無料転職相談サービスを利用する

また、関連サービスとして「みんスク」というプログラミングスクールも運営しているので、未経験からエンジニアに転職したい方にも非常におすすめです。

>>みんスクの公式サイトへ

6. GEEK JOB

基本情報

求人数
不明
対応地域
主に首都圏
スカウト機能

特徴

GEEK JOBは、20代の未経験からエンジニアへの転職を目指す人のための、学習から転職までを一貫してサポートしてくれるエージェントサービスです。

未経験の方が、自力で転職するのは難しいですが、GEEK JOBなら転職成功率が95.1%と、非常に高い成功率を誇っているため、信頼して利用できるサービスです。

完全に未経験の方以外に、インフラやネットワークから、Webエンジニアに転職したいエンジニアの方にもおすすめしたいエージェントです。

おすすめする理由

  1. 未経験でもエンジニアとしてほぼ確実に転職できる
  2. 無料で受けられる
  3. 最短1ヶ月という超短期間で転職できる

口コミ

総合評価

GEEK JOBの総合評価
求人の質
(3.5)
求人の数
(3.5)
口コミ・評判
(4.5)
エージェントの質
(4.0)
総合評価
(4.0)

転職エージェントというよりは、プログラミングスクールですが、転職成功率から考えると、相当な優良サービスであると言えます。

未経験からエンジニアとして転職したい20代の方には、圧倒的におすすめの転職エージェントです。

>>GEEK JOBの無料説明会に申し込む

7. Tech Clipsエージェント

基本情報

求人数
91件
対応地域
首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
スカウト機能

特徴

Tech Clipsエージェントは、高収入・高待遇に特化した、ITエンジニア専門の転職エージェントで、紹介可能案件のうち、82%以上が年収500万円以上という、高スペックエンジニアに絞ったエージェントです。

業界に特化しているだけではなく、地域も首都圏のみで、高待遇の求人だけを集めているという、とても珍しいエージェントで、腕に自信のあるエンジニアから評価が高いという特徴があります。

おすすめする理由

  1. 高収入求人が多く年収アップが狙える
  2. 現役エンジニアがキャリアアドバイザー
  3. 高待遇求人を素早く見つけられる

口コミ

①口コミ投稿者 29歳・女性

やはり自分の経験を最大限生かすには、細かくスキルを指定しているような求人があつまっているIT業界特化型のエージェントのほうがよいと思い、TechClipsを利用しました。特化型だけあって、コンサルタントの方も、私の希望やスキルをしっかりと理解してくれたので、安心して相談にのることができました。年収アップにも成功したので文句なしにおすすめできるエージェントです。

http://www.engineer-careerguide.com/kuchikomi/tech-clips/

②口コミ投稿者 26歳・男性

僕はこれまで、企業向けにシステムの導入を支援する仕事をしてきましたが、もっと仕事の成果が世の中に残る仕事をしたいと転職を決意しました。TechClipsには自分のSQLのスキルを自社サービスに活かせる求人も集まっており、希望通りの転職ができました。こうしたニッチな求人を扱っているのが、TechClipsの1番の魅力だと思います。

http://www.engineer-careerguide.com/kuchikomi/tech-clips/

③口コミ投稿者 27歳・男性

新生の転職エージェントなので、ネット上に情報が少ないです。口コミもあまりないので、正直良いのか悪いのかを測ることができず、博打的な感じで登録してみたのですが、サービスはとても良かったです。大きいエージェント(名前は伏せますが)を利用した際には流れ作業のように感じた求人紹介もしっかりと向き合って紹介してくれました。ただ求人数が大きいところに比べて少ないので、いくつか併用するうちのひとつとして考えるのが良いのではないでしょうか。

http://www.engineer-careerguide.com/kuchikomi/tech-clips/

総合評価

Tech Clips エージェントの総合評価
求人の質
(5.0)
求人の数
(3.5)
口コミ・評判
(4.5)
エージェントの質
(4.5)
総合評価
(4.0)

Tech Clipsの強みは、他の転職エージェントとは違い、簡単に高待遇の求人を探せるという点です。

エンジニアとして経験を積んでおり、キャリアに自信がある方は、Tech Clipsエージェントで求人を紹介して貰うのが、待遇のいい企業で働くための1番の近道になり得るでしょう。

>>Tech Clipsの無料転職エージェントに申し込む

エンジニアが転職エージェントを選ぶ際に気をつけるべきポイント

転職エージェントを使ったことの無いエンジニアの方は、選ぶ際にどんなことに注意して選んだらいいか分からない方が多いはずです。

転職エージェントの質は、あなたの転職の質にも影響を及ぼします。

転職エージェントの選び方次第で、転職できる企業、人生にも影響が及ぶと行っても過言ではありません。

ここでは、エンジニアが転職エージェントを選ぶ際に気をつけるべきポイントをいくつかご紹介していきます。

担当者は業界出身者かどうか

担当者が業界の出身ではないキャリアアドバイザーは、自分が経験のない業界のことを聞いた知識や情報だけを頼りに、あなたにアドバイスしてきます。

エンジニア出身の転職エージェントは、比較的に非常に親身になって相談に乗ってくれますし、エンジニアならではの悩みや、キャリアプランにも言及してくれます。

エンジニアとして担当者が業界出身者であるかどうか、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

キャリアアップを見据えた提案をしてくれるか

キャリアを考えて転職するのであれば、転職エージェントがキャリアアップを見据えて提案をしてくれることも非常に重要です。

転職エージェントは、転職を決めることで、その成果報酬としてお金を貰う仕組みで成り立っているため、なるべく担当の転職者の転職を失敗させたくないという心理が働きます。

担当者によっては、ヒアリングであなたが希望したキャリアと全く違う、より転職が決まりそうな企業を紹介して、説得しようとするエージェントもいます。

エンジニアは、技術職であり、スキルアップ出来ない職種についてしまうと、キャリアへの道が閉ざされてしまいます。

担当のエージェントと話合う中で、向こうがキャリアアップを見据えて提案してくれるのかどうかをしっかりチェックしましょう。

対応は遅くないか

エージェントを選ぶ上では、連絡が遅くないかどうかも非常に意識したいポイントです。

転職エージェントは、多くの場合、1人の担当者が複数の求職者の相手をしているため、連絡が非常に煩雑になり、常に忙しいです。

しかし、いくら忙しいといっても、応募できる求人は、早い者勝ちなので、対応にいつも遅れてしまうようなエージェントは、優秀ではありません。

エージェントの対応が遅い場合は、変えて貰うよう頼むか、担当者本人に連絡の催促をする癖をつけましょう。

担当者との相性は合うか

担当者との相性が合わないと、転職活動は必ず上手く行きません。

担当者はあなたと企業を繋げてくれるパートナーなので、「相性が悪いと紹介してくれる企業と自分が希望している企業がマッチしない!」ということもあります。

また、相談をしていても、こちらの意図を汲んでくれず、思うように転職活動が進まないということにもなりかねません。

担当のエージェントが自分と合わない場合は、すぐに担当を変えて貰うよう、お願いしましょう。

自分が納得できているかどうか

自分が選んだ転職エージェントに対して、自分自身が納得していないのに、転職活動を進めてしまうと、転職後に後悔することになってしまう可能性が高まります。

転職エージェントを使って転職活動をしていると、何か違和感を感じていたり、紹介された企業の先に見えるキャリアの想像がつかなかったりすることがあります。

そういった時に、そのエージェントを使い続けるのではなく、他のエージェントにも登録してみると、提案される内容や企業が全く違うということもあります。

自分が納得できていないエージェントに違和感を感じながら使い続けるのではなく、セカンドオピニオンに耳を傾けることも忘れないことが重要です。

転職エージェントの使い方や流れは?

転職エージェントを使ったことが無い方は、エージェントがどういった流れで行われているか想像できない方が多いはずです。

転職エージェントの使い方は、エージェントによって若干異なりますが、だいたいどこのエージェントも同じような手順になるので、把握しておきましょう。

手順1
エージェントに登録する

まずは、数ある転職エージェントの中から、自分でエージェントを選びます。転職エージェントは無料で登録出来るので、なるべく複数のエージェントに登録しておきましょう。

手順2
求人状況の確認・サービスの連絡が来る

申し込み内容を元に紹介求人を提案されます。エージェントから面談の内容や日程について電話で連絡が来ます。

手順3
キャリアアドバイザーとの相談
 

面談では、キャリアアドバイザーがこれまでの経験や希望の案件を確認して、求人の紹介を行います。キャリアの棚卸しや転職の目的・条件などの洗い出し、方向性の明確化を進めることで、あなたがどんな企業を望んでいるのかを、より明らかにします。

手順4
求人の紹介・応募書類の添削・面接の対策
 

面談で方向性が明確になったら、次は本格的に求人の紹介や、企業に送る応募書類の添削、実際に行う面接の対策練習などを行います。

手順5
応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、すぐに書類選考を行います。面接の日程調整なども基本的にはエージェントが行ってくれるので、とても簡単です。

手順6
内定・退職交渉

内定が決まった後の入社日の調整や、円満退社のためのアドバイスなどもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

手順7
入社
 

入社日の設定も完全にキャリアアドバイザーが決めてくれます。退職に向けて社内調整を行うことにも集中出来るので、とても安心できます。

未経験からエンジニアに転職する際のポイントは?

未経験からエンジニアに転職する際には、最初から転職エージェントに頼っても、経験が無いと待遇の悪い企業(SESなど)の紹介をされて終わりです。

未経験からエンジニアになるのであれば、プログラミングスクールで技術を学習して、そのまま転職も斡旋してもらう方法があります。

また、独学でプログラミングを学習して、サービスをいくつか開発し、その実績を元にWantedlyやGreenなどの求人サイトで求人を探す方法もあります。

未経験からエンジニアに転職する方法については、以下の記事で詳しくまとめているので、エンジニアになりたい未経験の方は目を通してみてください。

>>未経験からITエンジニアに転職するためにやるべき5つのこと

まとめ

今回は、転職活動中のエンジニアの方におすすめの転職エージェント7選をご紹介してきました。

転職活動が初めての方は、1から転職サイトで求人を見るよりも、転職エージェントを使えば簡単に転職する企業を見つけることが可能です。

転職活動中のエンジニアの方は、エージェントを比較することも重要ですが、まずは無料登録して、エージェントが自分に合うか試してみることの方が、より重要です。

比較検討に時間をかける前に、実際に登録してエージェントと話をしてみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です